婦人

賃貸管理システムで資産の状況を簡単にチェック

家賃を保証するシステム

男の人と女の人

連帯保証人の代わり

賃貸経営は、家賃という利益を得るためにおこなわれています。そのため家賃滞納が発生すれば、その頻度によっては経営不振に陥ってしまいます。これを回避するために家主の多くが、入居者に対して連帯保証人を立てることを要求しています。仮に入居者が滞納した場合には、連帯保証人が代わりに支払うことになるのです。しかし、誰にも連帯保証人を引き受けてもらえないという人は、連帯保証人がいなくても契約できる賃貸物件を利用することになります。つまり家主が連帯保証人を要求することは、入居者を少なくすることにつながるわけです。そのことから、現在では多くの家主が、家賃債務保証を利用するようになっています。家賃債務保証とは、保証会社が連帯保証人の代わりを務めるというシステムです。

収入減を回避

家賃債務保証を利用すれば、仮に入居者が家賃を滞納したとしても、家主には保証会社から家賃が支払われます。つまり入居者が連帯保証人を立てた場合と同様に、滞納による収入減を回避できるわけです。それでいて、連帯保証人を立てることが必要となっている賃貸物件と比較すると、入居者が集まりやすくなります。つまり、空室が続くことによる収入減も、回避しやすくなるのです。さらには、空室となっている間の家賃も保証したり、家主に代わって次の入居者の募集をおこなうという保証会社もあります。これにより、家主には利益が一層入りやすくなりますし、その分経営不振のリスクは低下します。このようにメリットが多いことから、家賃債務保証の注目度は高まっています。